ここから本文です

61年ぶりのダブル表彰台見えた! 小関・渡辺が200メートル平泳ぎで決勝進出【世界水泳】

7/28(金) 6:01配信

AbemaTIMES

 水泳の世界選手権(ハンガリー・ブダペスト)は28日、男子200メートル平泳ぎ準決勝が行われ、世界選手権初代表の渡辺一平(早大)が2分7秒44の全体2位、小関也朱篤(ミキハウス)が2分7秒80の全体4位で決勝進出を決めた。決勝ではメルボルン五輪以来61年ぶりの世界大会でのダブル表彰台を目指す。

 男子200メートル背泳ぎの準決勝では入江陵介(イトマン東進)が1分55秒79の全体6位で決勝進出を決めた。このレースの約1時間前に男子200メートル個人メドレー決勝を泳いだばかりの萩野公介(ブリヂストン)は、1分58秒72の全体14位に終わり決勝進出を逃した。

 女子200メートル平泳ぎ準決勝の青木玲緒樹(ミキハウス)は2分24秒42の全体10位、鈴木聡美(ミキハウス)は2分25秒60の全体12位で準決勝敗退。

最終更新:7/28(金) 6:01
AbemaTIMES