ここから本文です

PKO日報「稲田大臣は隠蔽を了承していない」 監察結果には疑問の声も

7/28(金) 12:06配信

BuzzFeed Japan

南スーダンで国連平和維持活動(PKO)に参加していた陸上自衛隊が、2016年7月11~12日に作った日報をめぐる「特別防衛監察」の結果が7月28日午前、公表された。稲田朋美防衛相は、この問題の監督責任をとるとして、辞任を表明。この問題をめぐっては、すでに陸自トップの岡部俊哉陸上幕僚長が辞任を決めているほか、黒江哲郎事務次官も退職する。【BuzzFeed Japan / 籏智広太】

監察結果では、陸自の情報公開への対応は、情報公開法の「開示義務違反」や自衛隊法の「職務遂行義務違反」にあたる法的に不適切な行為だった、とした。

この結果を受け、28日午前に会見した稲田防衛相は、黒江事務次官を停職とするほか、岡部幕僚長を減給とするなどの処分方針を明らかにした。また、今後は日報の管理を一元化するだけではなく、文書管理規則を改訂するという。

具体的には、日報の保存期間を10年間とし、その後国立公文書館に移管する。さらに、「情報公開査察官」を新設。内部のチェック機能強化をはかるという。

また、監察結果では、陸自内で廃棄したとしていた日報について稲田防衛相が「隠蔽を了承した」と報じられていた点について、「なんらかの了承や決定をした事実もなかった」と結論付けた。

日報の存在が報告され、隠蔽の了承があったとされていた2月の会議については「日報データの存在について何らかの発言があったことは否定できないものの、大臣が書面をもたらした事実や、非公表の了承を得た事実もなかった」としている。

つまり、陸自側が日報を自ら隠蔽し、防衛相はその判断には関わっていない。会議では「何らかの発言」があったが、その「何か」の解明には至らなかったという結論だ。

こうした結論には、現役の陸自幹部などからも疑問の声が投げかけられている。

まず、経緯を振り返る。

そもそもこの日報には、南スーダン現地の細かな情勢が、駐留する陸自部隊によって記録されている。

陸自は2011年から17年5月まで、南スーダンのPKOに参加し、道路などの整備に当たっていた。

駐屯地があったジュバでは2016年7月、数日間で300人以上の死者を出す大規模な混乱が発生。これが「戦闘」か「武力衝突」かについて、国会で大きな議論となった。

「戦闘」とするならば、停戦合意などを前提とした「PKO参加5原則」に抵触するおそれがあるからだ。つまり、安全保障法制に基づいた「駆けつけ警護」など、新任務を付与された陸自部隊のPKO派遣そのものに影響が出る、ということだ。

それゆえ、日本政府は「戦闘ではなく大規模な武力衝突」との見解を貫いてきた。

1/3ページ

最終更新:7/28(金) 15:36
BuzzFeed Japan