ここから本文です

勉強したくない! そんなときにやる気を引き出すマル秘テクニック

7/28(金) 16:00配信

ベネッセ 教育情報サイト

「テストが近いのに、どうしても勉強する気分になれない!」そのようなことに悩んでいる中高生のかたは、実に多く見られます。集中力が欠けていると、記憶力が低下してしまったり、勉強を継続できなかったりなど、さまざまな弊害が生じてしまうでしょう。
また、そのような子どもに対して、お母さんがたが「勉強しなさい!」と強く怒ると、逆に子どもがやる気を失ってしまう恐れがあります。そのため、お母さんがたは子どものやる気を妨げないように、慎重にフォローしてあげることが大切です。
そこで今回は、集中力を発揮するコツや、お母さんがたが注意するべきポイントをご紹介します。

勉強したくないときに集中力を発揮するコツ

1.机と部屋を片付ける
まずは勉強に取りかかる前に、自分の「学習環境」を見直してみましょう。机の上に余計なものが散らばっていたり、部屋全体が汚かったりしませんか? 例えば、机の上にゲーム機や携帯電話などがあると、勉強以外のことに気を取られやすくなります。

人間の脳は、目に入ったさまざまな情報を処理してしまうため、余計なものが散らばっているほど勉強に集中することは難しくなるでしょう。したがって、まずは机と部屋をしっかりと片付けることが大切です。綺麗に片付ければ、「さあ、しっかりやろう!」とモチベーションを上げることにもつながります。

2.勉強の計画を立てる
「何から勉強するべきかわからない…」。このような経験をしたことはありませんか? 特に中高生のテストとなると、複数の教科を勉強する必要があるため、何から手をつけるべきか迷ってしまう中高生は多く見られます。

そのようなかたは、まず「勉強の計画」を立ててみましょう。「どの教科を・いつまでに・どこまで勉強するか」という3点を把握すれば、優先的に取り組むべき教科がわかります。また、毎日のスケジュールをあらかじめ組んでおく方法も効果的です。スケジュールを組んでおけば、毎日ゴール(1日の学習プラン)が設定されることになるため、ゴールに辿り着くまで集中力を維持しやすくなるでしょう。

3.脳のコンディションをととのえる
運動したあとに身体が疲れるのと同じように、脳にも疲れが蓄積します。脳が疲れた状態では、どのような対策を練っても勉強に集中することは難しいでしょう。

脳のコンディションは、主に「栄養」と「睡眠」に左右されます。集中力を保つには、「カフェイン・ビタミン・ミネラル・低GI(グリセミック・インデックス)の糖分」などの成分が必要とされているため、これらの成分を積極的に摂取しましょう。また、睡眠時間に関しては、「6時間以上」が望ましいとされています。短くても6時間の睡眠時間を確保できるように、スケジュールを考えてみましょう。

4.勉強する「目的」を意識してみる
どのようなかたにも、勉強をする「目的」があるはずです。その目的を強く意識すれば、勉強へのモチベーションを維持しやすくなります。具体的な目的については、例えば「先生に認められたい」など近い将来のことから、「弁護士になりたい」といった遠い将来のことまで、どのような内容でも構いません。目的を意識すると、その目的を達成したあとの「メリット」が見えてきます。そういったメリットを得るために、「今はがんばろう!」といった気持ちが湧いてくるでしょう。

1/2ページ