ここから本文です

夏恒例「ビール列車」運行中! 松浦鉄道 今年は10月まで

7/28(金) 9:59配信

長崎新聞

 長崎県佐世保市の松浦鉄道は毎年恒例の「ビール列車」を運行し、職場の仲間や友達同士で訪れる市民でにぎわっている。

 佐世保駅を午後6時33分に出発し、佐々駅で折り返す約2時間。年々残暑が厳しくなっているため今年は10月9日まで営業する。定員は44人。7~8月は、ほぼ満席で9月は若干の余裕があるという。日曜祝日は午後0時10分に佐世保駅を出る「昼コース」もある。

 21日は約30人が乗車。ちょうちんや南国風の花が飾られた車内で、冷たいビールを手に話を弾ませていた。同僚に還暦を祝ってもらった同市光月町の公務員、山下緑さん(60)は「お酒を飲みながらの電車は気分が違う。一生忘れられない思い出になった」と笑顔で話した。

 伊万里駅発を出発し松浦駅折り返しのコースもある(9月30日まで)。参加費は3800円で飲み放題弁当付き。食べ物や飲み物の持ち込みもできる。前日までに申し込む。問い合わせは松浦鉄道(電0956・25・2229)。

長崎新聞社

最終更新:7/28(金) 9:59
長崎新聞