ここから本文です

大阪⇔伊万里・唐津間にバス 1日1往復、8月1日から運行 佐賀

7/28(金) 12:50配信

佐賀新聞

難波やUSJまで

 伊万里、唐津と大阪を結ぶ夜行高速バスの運行が1日から始まる。大阪市のユタカ交通(末永政敏社長)が運行し、大阪の繁華街・難波やユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)まで1日1往復する。

 唐津-大阪間を結ぶ高速バスは1993年まで他社が運行していたが、24年ぶりの復活となる。伊万里と大阪を結ぶ便は初めてという。

39人乗りで、発着地の伊万里-難波間を約11時間で結ぶ。上りはJR伊万里駅前を午後8時45分に出発。JR唐津駅東(同9時35分)を経由して難波には翌日午前7時40分に到着する。途中、神戸・三宮やUSJにも立ち寄る。下りは難波を午後9時20分に出発し、唐津に翌日午前7時10分、伊万里には同7時50分に到着する。

 ユタカ交通は現在、武雄温泉や金立サービスエリア(佐賀市)を経由する長崎-大阪間の高速バスなども運行している。「佐賀からの利用は好調」といい、伊万里ルートについては「安定した需要が見込めると判断した」と増便の理由を語る。

 運賃は5500~9千円(予約状況により異なる)、予約はホームページで。同社は「運賃も割安なので気軽に利用してもらい、関西を身近に感じてほしい」と利用を呼び掛けている。

最終更新:7/28(金) 12:50
佐賀新聞