ここから本文です

稲田防衛相が辞任「防衛大臣としての責任を痛感」

7/28(金) 16:11配信

ホウドウキョク

稲田防衛大臣は、南スーダンでのPKO活動の日報をめぐる問題で記者会見を行い、防衛省の特別監察の結果を公表。また、この会見で防衛大臣の辞任を正式に表明した。

【関連】「極めて遺憾」稲田防衛大臣の辞任会見のノーカット動画はコチラ

【稲田防衛大臣の会見】

特別防衛監察の結果が防衛監察官から報告されました。

防衛省、自衛隊にとって大変厳しい、反省すべき結果が示されました。極めて遺憾であります。

特別防衛監察の結果において明らかになった事項は次の通りです。
本件に先立つ、昨年7月にも日報に関する開示請求がありましたが、その際、中央即応集団司令部は存在している日報を開示せず、情報公開法第5条の開示義務違反につながり、自衛隊法第56号の職務遂行義務違反にあたるものもあり、本件、10月受け付けのものですけれども、日報を不開示した契機となるものでした。

本件、日報の開示請求においては、陸幕及び中央即応集団司令部は、7月の日報の対応を踏まえて対応した結果、7月同様、存在している日報を開示せず、情報公開法第5条の開示義務違反につながり、自衛隊法第56条の職務遂行義務違反に当たるものがありました。

また、本件日報に関する開示請求においては、陸幕が開示請求受付後に、日報の廃棄を指示したことは、情報公開法第5条の開示義務違反につながり、自衛隊法の第56条の職務遂行義務違反に当たるものであり、さらに日報発見後の大臣報告の遅れのほか、対外説明を含む、不適切な対応がとられ、対外説明スタンスが継続するなど、自衛隊法第56条の職務遂行義務違反に関わるものでありました。

本件は日報にかかる開示請求の対応において、情報公開法第5条違反につながる行為があったこと、適切に廃棄されて不存在とされた日報が陸自内に存在したことの取り扱いに関する不適切な対応、私への報告がなされなかった等の対応があったことを踏まえ、関係者を厳重に処分することといたしました。

具体的には防衛事務次官のほか3名を停職に、陸上幕僚長を減給処分と致しました。

1/2ページ

最終更新:7/28(金) 16:11
ホウドウキョク