ここから本文です

フェルナンド・アロンソ、今シーズン前半のハイライトは「インディ500だけ」と明言

7/28(金) 20:46配信

motorsport.com 日本版

 マクラーレン・ホンダのフェルナンド・アロンソは、今シーズン前半に”ポジティブだ”と感じられたのは、5月のインディ500だけだったと話した。

【写真】インディ500では最優秀ルーキーに選ばれたアロンソ

 5月に行われたインディ500に初出場したアロンソは、予選でも上位グリッドを獲得する活躍を見せたものの、レースではエンジントラブルでリタイアとなった。

 しかしF1では、ここまでアロンソもチームメイトのストフェル・バンドーンも苦戦が続いている。ホンダエンジンの信頼性の問題もあって、アロンソは10レースを終えてわずか2ポイントしか獲得できていない。

 2度のF1王者であるアロンソだが、ここまでチェッカーフラッグを受けたレースはたった3回であり、今シーズンのベストリザルトはアゼルバイジャンGPでの9位である。

 今シーズン前半のにおいて、ポジティブな時期はあったのかと問われたアロンソは、「インディ500がそうだった」と答えた。

 なおインディ500以外でのことについて尋ねると、彼はこう答えた。

「ないね。もっとコンペティティブになれるだろうと期待していたけど、僕たちが期待していた結果は出なかった」

「できるだけ早くこの状況を改善するためにとても懸命に作業しているけど、非常に厳しいよ」

 またアロンソとマクラーレンの契約は今シーズン末までとなっている。アロンソは、2018年は勝てるポジションにいたいのだと話しており、彼がマクラーレンに残留するかどうかはまだ決まっていない。

 上位チームのシートを得る選択肢はわずかであり、アロンソは将来的なインディカー参戦の可能性もあると話していた。

 しかしアロンソは、F1にとどまることが最優先であり、F1で3度目のタイトルを獲得することができる”いずれかのチーム”に移籍することにオープンであると語った。

「インディカーというのもひとつの可能性だ。将来的にそこへ行くことにオープンであると常に話してきた。でもまだF1で3度目のタイトルを獲ることが最優先だ。それを実現できるどこかのチームに移籍する方法を見つけようとしているよ」

「もし来年それができないなら、他のシリーズを考えることにもオープンでいる。これから1カ月か1カ月半の間は、どうするか考えよう」

「来年は勝ちたい。勝つためには何か良い変化が必要だ。それもたくさんのね。もしそういったことが起きれば、僕がチームに残る可能性も生まれるだろう。そういうのは、9月になったら考えないといけないことだ」

Pablo Elizalde