ここから本文です

ムバッペは“元祖怪物“ロナウドをも超える可能性あり 英紙は史上最強の18歳かと期待

7/28(金) 18:50配信

theWORLD(ザ・ワールド)

18歳時点ではメッシ、C・ロナウドをも超えるか

今夏はモナコFWキリアム・ムバッペの獲得争いのために超高額な移籍金が動くといった噂が市場を盛り上げているが、先日報道されたレアル・マドリードの1億8000万ユーロのオファー案には度を超えているといった意見もある。まだ18歳の選手に支払う正当な額ではないかもしれない。

マルシャル、レアルDF3人を完全に置き去り

しかし英『Daily Mail』は、18歳時点ではムバッペがクリスティアーノ・ロナウドとリオネル・メッシを凌駕していると主張しており、移籍金が正当なものか決めかねている部分もあるようだ。同メディアは18歳になってからの1年間で決めたゴール数を調査しているが、ムバッペは昨年12月に18歳を迎えてからモナコで計20のゴールを決めている。当時マンチェスター・ユナイテッドにいたロナウドは6ゴール、バルセロナのメッシは10ゴールとなっているため、18歳時点でムバッペのペースはなかなかに驚異だ。

また、このペースを上回っている選手は4人しかいない。18歳になってからの1年間で22ゴールを挙げたリヴァプールのロビー・ファウラー、レアル・マドリードで25ゴールのラウール・ゴンザレス、リヴァプールで29ゴールのマイケル・オーウェン、そしてPSVで37ゴールの元祖怪物ロナウドだ。

しかし同メディアはムバッペが19歳になる前にロナウドの得点数まで届いてしまう可能性もあると考えており、そうなった場合ムバッペは18歳時点では史上最高クラスのストライカーとなる。レアルが超高額な移籍金で手に入れておきたいと考えるのも自然なことなのかもしれない。ムバッペの得点ペースは見事だが、超高額な移籍金に見合うだけの選手か。

http://www.theworldmagazine.jp/

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合