ここから本文です

英メディア「世界で何番手のFW?」 ケインはレヴァンドフスキ、オバメヤンをも超えたか

7/28(金) 22:50配信

theWORLD(ザ・ワールド)

プレミアで2季連続得点王

先日、チェルシーを率いるアントニオ・コンテはトッテナムFWハリー・ケインについて「世界最高のFWの1人だと思う。1人ストライカーを獲得できるなら、ケインを選ぶだろう」と絶賛した。ケインはプレミアリーグで得点を量産しており、現在2シーズン続けて得点王を獲得している。その実力はトップクラスで、世界屈指の点取り屋なのは間違いない。

わずか2年でレアルに”世界最高の右SBの1人”が生まれた

そこで英『sky SPORTS』は、「ケインは世界で何番目のFWか?」と題してアンケートを取っている。今回は2016-17シーズンにリーグ戦で25得点以上挙げたFWの中から選ぶものになっており、ケインは29ゴール決めている。

その結果、10位は今夏アーセナルに加入したアレクサンドル・ラカゼット、9位はトリノのアンドレア・ベロッティ、8位はパリ・サンジェルマンのエディンソン・カバーニ、7位はケインに次いで得点ランキング2位だったロメル・ルカク、6位はドルトムントのピエール・エメリク・オバメヤン、5位はバイエルンのロベルト・レヴァンドフスキ、そして4位にケインが選ばれている。

3位はバルセロナのルイス・スアレス、2位はレアル・マドリードのクリスティアーノ・ロナウド、1位はバルセロナのリオネル・メッシが選ばれているが、ケインはこの怪物3人に次ぐ点取り屋と評価されているようだ。まだチャンピオンズリーグで目立った結果を出せていないところは物足りないポイントだが、ケインはレヴァンドフスキやオバメヤンをも上回るレベルのストライカーとなったか。

http://www.theworldmagazine.jp/

スポーツナビ サッカー情報