ここから本文です

ガラスの中の「自然」

7/28(金) 11:04配信

宮崎日日新聞

 ◎…豊かな自然を身近に。日南市北郷町のNPO法人「ごんはる」は、同町の猪八重渓谷内で観察できる3種類のコケを、ガラス容器などに収めたミニテラリウムの販売を始めた=写真。

 ◎…同渓谷は国内有数のコケ自生地。許可なく植物等が採取できないため、同法人職員所有地のコケを使う。ストラップ型や風鈴型など1個600円からで、同町の蜂之巣公園管理事務所で販売する。

 ◎…手に乗る愛らしさから評判は上々。直射日光を避け、月に1度の水やりが長持ちさせるこつという。同法人は「渓谷内でも癒やし効果を体験して」と、地域の宝に対する愛情が枯れることはない。

宮崎日日新聞

最終更新:7/28(金) 11:04
宮崎日日新聞