ここから本文です

リンキン・パークが米ビルボード・ロック・チャートを席巻

7/28(金) 18:20配信

Billboard Japan

 リンキン・パークのフロントマン、チェスター・ベニントンの死去後、バンドが17年間を通しリリースした作品の中から「イン・ジ・エンド」(5位)を含む計11曲が、米ビルボード・ロック・チャートにランクインを果たした。

 2009年にスタートした米ロック・チャートでは、2009年以前にリリースされた楽曲もTOP25以内であれば、マルチメトリックの増加や新しくカウントされるにふさわしい理由がある場合は、再び(初めての場合も)チャート入りできる資格を持っている。

 2017年8月5日付のロック・チャートに入ったリンキン・パークの楽曲は、チェスターが亡くなる数時間前にミュージック・ビデオが公開された最新シングル「トーキング・トゥー・マイセルフ」(27位)を含むバンドのこれまでのカタログを通した作品が並んだ。

 5位の「イン・ジ・エンド」に続く6位には「ナム」、最新アルバム『ワン・モア・ライト』のリード曲「ヘヴィーfeat.キアーラ」もTOP10入りを果たしている。11曲のうち3曲は『ハイブリッド・セオリー』(2000年)、『メテオラ』(2003年)、『ワン・モア・ライト』(2017年)から、他の2曲(「ワット・アイヴ・ダン」、「ナム/アンコール」)は、2007年の『ミニッツ・トゥ・ミッドナイト』、2004年にリリースされたジェイ・ZとのコラボレーションEP『コリジョン・コース』からの楽曲となっている。

 更に、ロック・デジタル・ソング・セールスとオルタナティブ・デジタル・ソング・セールスのそれぞれのチャートで7曲がチャートイン。またハード・ロック・デジタル・ソング・セールスでも1位「イン・ジ・エンド」(ニールセン・ミュージックの調べによると12,000ダウンロードの売上となり、948%増加となった。)を筆頭に10曲がランクインを果たした。

 加えて、リンキン・パークとしては初めてロック・ストリーミング・ソング・チャートで1タイトル以上がチャートインし、4位「イン・ジ・エンド」(5,600,000回、91%増加)、7位「ナム」(5,400,000回、96%増加)、そして24位に「ヘヴィーfeat.キアーラ」(3,100,000回、65%増加)という結果になった。

 この間に、リンキン・パークのアルバム作品も全ジャンルを網羅した米ビルボード・アルバム・チャートとロック・アルバム・チャートに『ワン・モア・ライト』(23,000ユニット、ロック・アルバム・チャートで3位)を含む4作品がランクインした。

最終更新:7/28(金) 18:20
Billboard Japan