ここから本文です

夏休みは親子で工作、カンカラ三線やローテーブル作ったよ 「ふれあい手づくり広場」

7/28(金) 8:35配信

沖縄タイムス

 【うるま】第30回親子ふれあい手づくり広場(主催・沖縄タイムス社など)が27日、うるま市江洲のメイクマン具志川店で始まった。午前と午後の部で合わせて約180組の親子が参加し、カンカラ三線やMASAマジックさん監修の貯金箱など、工作に挑戦した。

 折りたたみローテーブルのコーナーでは、子どもたちが真剣なまなざしで電動ドライバーやねじを使って板をつなげる作業に取り組んだ。工作が好きという沖縄市の池宮城凌さん(12)=美東小6年=は「これまで作った中で一番大きいのができた。友だちが家に来たらこのテーブルで一緒に勉強したい」と声を弾ませた。

 夏休み中に物作りを通して親子のコミュニケーションを深めてもらうことが狙い。28日は豊見城店、29日に浦添本店、8月には宮古店、石垣店でも開かれる。

最終更新:7/28(金) 8:35
沖縄タイムス