ここから本文です

台風9号:29日昼前に八重山最接近 海上大しけ、海・空の交通に影響も

7/28(金) 23:10配信

沖縄タイムス

 強い台風9号は28日午後9時現在、沖縄の南を時速20キロで北北西へ進んでいる。県内は暴風域に入る恐れはないが、石垣島地方では29日未明から強風になり昼前に最接近し、30日にかけて大しけとなる見込みで、沖縄気象台は警戒と注意を呼び掛けている。

 沖縄気象台によると28日午後9時現在の中心気圧は970ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は35メートル、最大瞬間風速は50メートル。中心から半径80キロ以内では風速25メートル以上の暴風、中心の南側390キロ以内と北側280キロ以内では風速15メートル以上の強い風が吹いている。

 29日午前9時ごろに石垣島の南西約320キロ、昼すぎには与那国島の南西250キロに進むとみられる。沿岸の海域では29日から30日にかけて宮古島地方で5メートル、石垣島地方と与那国島地方で6メートル、沖縄本島地方でも3メートルまで波が高くなる見込みだ。

 沖縄旅客船協会によると28日、台風の影響で先島諸島や本島周辺離島を結ぶ船計30便が運休。29日の運行は朝に判断する。空の便は29日、各社とも予定通り運航する予定だが天候によって遅延や欠航になる場合もある。

最終更新:7/29(土) 11:25
沖縄タイムス

Yahoo!ニュース特設ページ