ここから本文です

スーパーGTの2018年カレンダー発表。鈴鹿は5月末、タイは6月末に開催へ

7/28(金) 11:20配信

オートスポーツweb

 スーパーGTをプロモートするGTアソシエイションは7月28日、公式サイト(supergt.net)上で、2018年のカレンダーについて発表した。注目を集めていた鈴鹿でのレースは5月になったほか、今季までとは大きな変更が加えられている。

 例年夏に1000kmレースとして開催されていた鈴鹿戦が、スーパーGTのシリーズ戦とは別の『鈴鹿10時間』に変更されることから、鈴鹿でのスーパーGT開催時期が大いに注目を集めていた2018年のスーパーGTカレンダー。すでにGTアソシエイションの坂東正明代表から、先日のSUGO戦の際におぼろげな概要は説明されていたものの、7月28日に正式にGTAから発表された。

 開幕戦の岡山、そしてゴールデンウイークの一戦である第2戦富士は例年どおりであるものの、今季までオートポリス戦が開催されていた週である5月19~20日という日程で、鈴鹿が300kmレースとして入ることになった。

 その後、GTマシンたちは船積みされ、タイに移動することになる。チャン・インターナショナルサーキットでの開催は例年10月が多かったが、タイでのMotoGP開催との調整により、6月30~7月1日という日程に変更された。

 タイでのレースを終えた後、シリーズはふたたび日本へ。例年どおり8月に富士スピードウェイで開催される。今回の発表ではレース距離について触れられていなかったが、坂東代表も「レース距離を少し変える」とSUGOでのGTA定例記者会見の際に語っていたとおり、この夏の富士戦は長距離レースになると噂されている。

 シーズンはその後、秋のSUGO、そしてふたたび秋開催となったオートポリスと転戦。最終戦は例年どおりツインリンクもてぎとなっている。今後世界選手権の日程等によっては変更の可能性があるが、来季は1ヶ月半以上開催間隔が開くことはなく、定期的にスーパーGTを楽しむことができるかもしれない。

2018年 スーパーGTカレンダー(7/28時点)
Round/Date/Course/
1/4月7日~8日/岡山国際サーキット/岡山県
2/5月3日~4日/富士スピードウェイ/静岡県
3/5月19日~20日/鈴鹿サーキット/三重県
4/6月30日~7月1日/チャン・インターナショナルサーキット/タイ
5/8月4日~5日/富士スピードウェイ/静岡県
6/9月15日~16日/スポーツランドSUGO/宮城県
7/10月20日~21日/オートポリス/大分県
8/11月10日~11日/ツインリンクもてぎ/栃木県


[オートスポーツweb ]