ここから本文です

バトンのドライブでホンダNSX GT3が国内初走行。鈴鹿1000km前夜祭に出演決定

7/28(金) 20:42配信

オートスポーツweb

 鈴鹿サーキットは7月28日、8月26~27日に開催するスーパーGT第6戦『第46回インターナショナル鈴鹿1000km “SUZUKA 1000km THE FINAL”』にスポット参戦するジェンソン・バトンが鈴鹿1000km前夜祭に参加すると発表。発表されたばかりのホンダNSX GT3をドライブすると明らかにした。

【写真】2015年のバサースト12時間を制したニッサンGT-RニスモGT3

 今年で最後となる鈴鹿1000kmでMOTUL MUGEN NSX-GTをドライブするバトン。予選日にあたる8月26日(土)に行われる前夜祭では、日本国内初走行となるNSX GT3に乗り込み、デモンストレーションランを披露する。

 また、このデモンストレーションランでは、GT3カーで競われる『鈴鹿10時間耐久レース』の初開催を記念して、2015年のバサースト12時間を制したニッサンGT-RニスモGT3を優勝ドライバーである千代勝正がドライブすることも決定した。

 バトンと千代がGT3カーをドライブする『GT3日本代表~世界が戦う激戦カテゴリー~』は8月26日の18時から行われる予定。

 そのほか、前夜祭終了後には予選の熱気が残るホームストレートとピットレーンを開放する『ナイトコースウォーク』が行われるほか、8月27日(日)の決勝レース終了後には『ホームストレート解放&パルクフェルメウォーク』も行われる。

[オートスポーツweb ]