ここから本文です

原付ナンバーに「かえる橋」 印南町が交付

7/28(金) 17:01配信

紀伊民報

 和歌山県印南町は、町制60周年記念事業の一環で原付きバイクに「ご当地ナンバー」を導入する。交付は500枚で、なくなり次第終了する。交付日は、町制が施行された日に当たる8月1日から。

 町によると、地域の連帯感を高める▽ふるさとの魅力発信に一役買う▽地域振興につなげる―などが見込めるとして、ご当地ナンバーを導入。町職員でつくる広報広聴委員会でデザイン案を作り、課長会で最終的に決めたという。

 ナンバープレートの大きさは縦10センチ、横20センチ。「印南町」の文字と、青空をバックに町のシンボル「かえる橋」を描いている。4月1日現在、町内の原付きバイクの登録台数は990台。

 新規交付、使用中ナンバープレートとの交換のいずれも無料。番号は選べない。交付場所は同町印南の町役場税務課。受付時間は平日と第3日曜の午前8時半~午後5時15分。

 先着順で、番号の希望や予約は受け付けない。受け付け開始時間までに2人以上が来ていた場合は抽選とし、早く並んでも早い番号が交付されるわけではないので注意を呼び掛けている。

 新規交付の場合は、印鑑と販売証明書か譲渡証明書、廃車証明書が必要。現在使用中のナンバープレートからの交換の場合は、印鑑と現在あるナンバープレートと標識交付証明書がいる。

 問い合わせは町税務課(0738・42・1731)へ。

最終更新:7/28(金) 17:01
紀伊民報