ここから本文です

米スプリントはコムキャスト、チャーターとの交渉継続-関係者

7/28(金) 7:57配信

Bloomberg

ソフトバンクグループ傘下の米スプリントは独占交渉期間が終了した後も、2大ケーブルテレビ(CATV)運営会社であるコムキャスト、チャーター・コミュニケーションズと携帯電話サービスでの提携や資本提携の可能性を巡り、なお協議を続ける。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。

独占交渉期間が27日に終了し、スプリントはTモバイルUSなどとの協議再開が可能になった。交渉が非公開であることを理由にこれら関係者が匿名で明らかにした。CATV2社は再販契約を結び自社ブランドでスプリントの携帯電話サービスを提供することや、スプリントへの株式での出資に関心を持っている。関係者の2人によると、スプリントはCATV2社に対し、ベライゾン・コミュニケーションズとの現行契約よりも好条件を提示する見込み。

原題:Sprint Is Said Still in Talks With Cable Duo as Exclusivity Ends(抜粋)

Alex Sherman, Gerry Smith, Scott Moritz

最終更新:7/28(金) 7:57
Bloomberg