ここから本文です

本当に写真? “360度自撮り”ブームくるか

7/29(土) 11:10配信

ITmedia NEWS

 真ん中に球形が浮かぶ、一見イラストに見える写真がある。Instagramで「#littleplanet」と検索すると、似たような「不思議な球形」がずらりと並ぶ。ハッシュタグの通り、小さな惑星に人や建物が立ち並んでいるように見える。画面中央に撮影者自身の姿を収めることもでき、“次世代の自撮り”とでもいえるかもしれない。

【画像:新しい自撮り方法】

 これは、ワンショットで360度写真が撮れるリコーの全天球カメラ「THETA」(シータ)シリーズの写真を加工したもの。本体の前後に付いたカメラで各180度以上を撮影、それらをソフトウェアが自動でつなぎあわせて1つの写真を合成する。専用のスマートフォン向けアプリ(iOS/Android向け、無料。用途別に複数あり)で「リトルプラネット」というアイコンを押すと、一風変わった“丸い写真”が出来上がる(海外では、「#tinyplanet」とも)。Instagramで #littleplanetと検索すると、7月29日時点で8万件以上がヒットする(#tinyplanetは28万件以上)。

 「最初はInstagramで見つけて、斬新で面白い写真だなと。自分でも撮ってみたくなって今年3月にTHETAを買って、今ではいつも持ち歩いてます。広く撮れるから、友達も全員写るし。遊びにきてるのか、写真を撮りにきてるのか分からないくらい撮りますね」――カメラが趣味で、今は特にTHETAの360度写真にハマっているという会社員の渡辺満里奈さん(27)は、そう笑う。

 「360度撮れるから人がたくさんいても全員写るし、加工しながら角度を変えられるから失敗も少ない。カメラが苦手なほどオススメしたい。私の周りで持っている人は全然いなくて、『これいいよ』って友達に勧めたら4人買ってました(笑)」(渡辺さん)

 遠出するときは、iPhone、キヤノンの一眼レフカメラ「EOS Kiss X5」、そして360度写真が撮れる「THETA SC」のほか、100円ショップで買ったビー玉や水晶玉などの小道具も携え、“フル装備”で向かうそうだ。「リュックはすごく重いんですが、Instagramでコメントをもらえたときのうれしさが尋常じゃないんですよね」と話す渡辺さんは「多いときは4~5時間で600~700枚くらい撮ることもあるけど、私ほどガチな子は周りにはいないです」と笑う。

 これまで、自撮り棒、SNOWアプリなど写真に関わる、はやりのものは一通り手にしてきたが、たどりついたTHETAは、その延長線上にあるものという。

 Instagramで「#theta」を検索すると、16万件以上(7月29日現在)の写真がヒットする。渡辺さんも、ハッシュタグのリンクに飛びながら「撮ってみたい」と思う写真を探すという。ビー玉や水晶玉を使う発想もInstagramにアップされている写真から得た。

●「360度きっかけで自撮り始める」人も

 360度写真や実写VRの撮影を手掛けるベンチャー企業LIFE STYLEの岩嵜和哉マネージャー(VR制作部 360フォトチーム マネージャー)は、THETAを買ってから自撮りをするようになった1人だ。「これまでわざわざ自撮りなんてしなかったけど、THETAはとにかく面白い。プライベートでもよく撮ります」(岩嵜マネージャー。記事冒頭の写真は岩嵜さんのInstagram)

 広く風景を収めたいようなシーンでは、スマホよりもTHETAが活躍する。撮影や加工のコツもスマホとは異なるという。

 「360度写ってしまうので、とにかく背景を気にすること。スタンドを使って遠隔撮影しないと、絶対自分も写ってしまう。左右対称の場所はバランスよくきれいに写ります」(岩嵜マネージャー)

 家族で出かけたときに自撮りをして思い出を残すこともあれば、同じ場所で違う時間帯に定点撮影した画像を編集ソフト「Photoshop」で加工し、「左半分が昼の空、右半分が夜空のlittleplanet」を時間をかけて作ることもあるという。加工はTHETAの醍醐味(だいごみ)の1つ。同じ写真でも角度によって全く違う印象のものに仕上がることもある。岩嵜マネージャーは「夢中になってやっていると、たまに30分以上加工していることもある」そうだ。

 これまで、大人数の自撮りには、自撮り棒やスマホのカメラ部分に装着する外付け魚眼(広角)レンズなどが使われてきたが、同じ用途で360度写真を活用する人も現れ始めている。リコーは13年9月にTHETAを発売して以来、出荷台数などは公表していないが、「#theta360」「#thetaのある生活」「#thetas」など、Instagram上のハッシュタグでは日々写真がアップされている。また、一眼レフやサムスンの「Gear360」、スマホアプリでも360度写真は撮れるが、価格や使い勝手に対する写真のクオリティーの高さ、「カメラ本体のかわいさ」(渡辺さん)などから、THETAを手にする人も少なくないようだ。

 こうした360度写真の盛り上がりは、個人だけにとどまらない。

●企業が「360度写真」を求める理由

 360度写真は、法人需要も増えてきたという。LIFE STYLEの前元健志さん(管理部 マーケティング課)は「飲食店、不動産、観光、病院などは360度コンテンツ(写真・動画)と相性がいい」と話す。

 「既存の写真や動画では雰囲気が伝わりづらい場合は、360度コンテンツの出番。お客さんが現地に行く前に雰囲気を確かめたいと思う場所と相性が良く、オフィスの紹介をしたい企業から声がかかることもある。屋内の情報のほぼ全てを公開することで、席数や部屋の雰囲気などに関する問い合わせを減らす効果もあった」

 熱狂的なファンが多いコアなジャンルの記録も360度撮影の醍醐味(だいごみ)。例えば、銀座線の車両が丸の内線内を走ったときの様子が360度動画で公開されたこともあった。運転台にカメラを置き、運転士の視点を味わえるファン垂涎(すいぜん)の内容だ。

 Facebook、LINEなどのSNSが、“写真をぐるぐると好きな画角に動かせる360度写真の表示に対応したことや、コンシューマー向け製品の普及などに伴い、360度写真を目にする機会は増えてきた。「法人需要でも、他の企業でやっていた事例をまねしたいという声が増えた。施設案内などは漏れなく360度コンテンツになる時代が早いタイミングで来るのではないか」(前元さん)

 渡辺さんは「街中でTHETAを持っていると、あれは何だと通行人が珍しがって見てくる。昔の自撮り棒のような感覚かも」と話す。インパクトのある見た目から、「こんなものが本当にはやるのか?」という声もあったが、これまで自撮り棒は旅行先や宴会などさまざまなシーンで活躍してきた。

 写真に目がない女の子たちに360度写真ブームが訪れる日は来るのか。

(村上 万純)

最終更新:8/1(火) 12:46
ITmedia NEWS