ここから本文です

台風9号 鉄道や空の便に影響/台湾

7/29(土) 18:01配信

中央社フォーカス台湾

(台北 29日 中央社)中度台風(台湾基準)の台風9号接近の影響で、台湾各地の鉄道や空の便のダイヤに乱れが出ている。

台湾桃園国際空港では29日午後5時30分までに、離着陸の旅客機120便が欠航または遅延。欠航は80便、遅延は40便にのぼっている。

台湾鉄道(台鉄)は、29日午後5時以降、西部幹線は自強号など座席指定列車が運休。東部幹線と南回線は、30日午前0時まで、座席指定列車が全面的に運休。区間車(各駅停車)は状況を見ながらの運行。

台湾高速鉄道(高鉄、新幹線)は29日のダイヤを調整、最新の時刻表を発表している。午後6時までは通常通りの運行。同6時20分から9時までは、南港駅発(南下)、左営駅発(北上)とも1時間ごとに3便、ビジネス車両を除く全席自由席・各駅停車の臨時便を運行する。高鉄は、午後9時以降の運行については、各駅の最新時刻表を参照してほしいとしている。

(邱俊欽、陳葦庭/編集:塚越西穂)