ここから本文です

藤本佳則が首位浮上 4差内18選手の混戦で最終日へ

7/29(土) 15:42配信

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

◇国内男子◇ダンロップ・スリクソン福島オープン 3日目(29日)◇グランディ那須白河ゴルフクラブ(福島県)◇6961yd(パー72)

【写真】今年のプロテストに合格した22人

2打差の2位で出た藤本佳則が4バーディ、1ボギー「69」で回り、ホ・インヘ(韓国)と並んで通算14アンダーの首位に立った。2013年の「TOSHIN GOLF TOURNAMENT」以来となる通算3勝目へ絶好の位置。翌年に同大会を制したホと、バーディ合戦が予想される最終日最終組での対決に臨む。

「ショットもパットもボチボチ」という内容で、藤本は4シーズンぶりの勝利を視界にとらえた。厳しいピンポジションに対し「周りのスコアは伸びていなかったので、少しスコアを伸ばせばよい位置で回れるはず。無理はしなかった」と72ホールの戦いを見据えたマネジメントを継続。「あした1打でもほかの選手を上回れればいい」と落ち着き払って話した。

42位から9バーディ、ボギーなし「63」をマークした19歳・任成宰(韓国)が宮本勝昌、貞方章男と並んで通算13アンダー3位に浮上。秋吉翔太、丸山大輔、正岡竜二ら6選手が通算12アンダーの6位。

塩見好輝が通算11アンダーの12位。今平周吾、小田孔明、ソン・ヨンハン(韓国)らが通算10アンダー13位に続いた。首位から4打差内に18選手が入る混戦で、最終日を迎える。

<主な上位成績>
1T/-14/藤本佳則、ホ・インヘ
3T/-13/宮本勝昌、貞方章男、任成宰
6T/-12/秋吉翔太、丸山大輔、正岡竜二、バン・ドファン、デビッド・オー、B.S.キム
12/-11/塩見好輝