ここから本文です

「奇跡ですよね」成田美寿々 3日間ノーボギーで奪首

7/29(土) 20:22配信

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

◇国内女子◇大東建託・いい部屋ネットレディス 3日目(29日)◇鳴沢ゴルフ倶楽部(山梨県)◇6587yd(パー72)

【写真】前日に誕生した新人プロ22人

薄闇迫る富士のふもとで勝負強さを発揮した。2位でスタートした成田美寿々が7バーディの「65」。3日間、ボギーはゼロ。通算16アンダーとして、4打差の首位に抜け出した。

「いいパット、いいアプローチ、いいショットができているので3日間ノーボギーになっている。ボギーの多い私が奇跡ですよね」

リズムを守った。前半2番から4連続バーディとしたが、8番の1打目を打った直後に降雨のため1時間38分の中断。それでも「再開に向けて集中力を増していたわけではない。ずっと集中しているほうが疲れる」と、談笑しながらクラブハウスで待機した。再開後の9番では30ydからチップインバーディを決めた。

「12番ぐらいからラインが見づらくて嫌だなと思った」。日没サスペンデッドも頭をよぎる薄闇の中、最終18番(パー5)では3UTで2オン。2パットでバーディ締めとし「2~5mのバーディパットがよく入ってくれた」と振り返った。

この日のパット数は全体2位の「27」。今年からパッティングコーチとして契約を結ぶ南秀樹氏は「今までやってきたことが形になってきた。本人の努力。リズムとタイミングがいい」と説明した。ショットとパットでそれぞれ別のコーチをつける異例の布陣も、好調さにつながった。

2週連続優勝がかかる2位の穴井詩には「簡単には追いつかせないです。楽しい最終組になりそう」と宣戦布告。2年ぶり8回目の勝利へ視界は良好だ。 (山梨県鳴沢村/玉木充)