ここから本文です

【予選Q1速報】マクラーレン・ホンダ2台ともQ2へ、ポール・ディ・レスタはまずまずのタイムもQ1落ち

7/29(土) 21:29配信

TopNews

F1第11戦ハンガリーGP予選Q1が行われた。

急きょフェリペ・マッサの代役として出場したポール・ディ・レスタ(ウィリアムズ)だったが、2013年以来のF1復帰、しかもフリー走行も走らずという状況下でいきなりの予選アタックとなったが、ランス・ストロール(ウィリアムズ)から0.766秒落ちというまずまずのタイムを出した。しかし、フリー走行からウィリアムズの調子が上がらなかったこともあり、19番手で予選落ちとなっている。

●ホンダではなくフェラーリを選んだザウバー新代表、ホンダを使用しなかった理由は?

マクラーレン・ホンダの2台はフェルナンド・アロンソが8番手、ストフェル・バンドーンが9番手で予選Q2へ進出。この調子なら予選Q3進出も十分可能だ。

■【予選Q1落ち】F1第11戦ハンガリーGP
16 ケビン・マグヌッセン(ハース)
17 ランス・ストロール(ウィリアムズ)
18 パスカル・ウェーレイン(ザウバー)
19 ポール・ディ・レスタ(ウィリアムズ)
20 マーカス・エリクソン(ザウバー)

最終更新:7/29(土) 22:40
TopNews