ここから本文です

ムバッペの代役? モナコがレンヌの逸材獲得目指し交渉中

7/29(土) 17:02配信

ISM

 昨季欧州サッカー界を最も驚かせた逸材ことFWキリアン・ムバッペを擁するモナコ(フランス)が、万一の場合に備え、同選手の代役候補に接触しているようだ。現地時間28日、仏『レキップ』の情報としてスペイン『as』紙(電子版)が伝えている。

 昨季モナコで公式戦44試合26得点を記録し、欧州のビッグクラブが関心を寄せているムバッペ。モナコは同選手の残留を願っているものの、レアル・マドリー(スペイン)や、アーセナル、マンチェスターCといったイングランドのビッグクラブが獲得をねらっているといわれている。

 レアルは特に同選手に深い関心を示しており、先日、DFマルセロは「もし彼(ムバッペ)が来るなら大歓迎だ。非常に若く、これから輝かしい未来が待っている」とコメントしていた。

 モナコはムバッペと契約延長交渉にも動いているようだが、万一の備えとしてレンヌ(フランス)所属のU-21フランス代表FWアダマ・ディアカビー(21)の獲得を考えているらしい。移籍金は1000万ユーロ(約13億円)で、レンヌ側は交渉に乗り気のようだ。ディアカビーはこれまでリーグ1で25試合出場4ゴールを挙げており、そのポテンシャルの高さにはニューカッスル(イングランド)など多くのクラブが目をつけているという。

最終更新:7/29(土) 17:02
ISM