ここから本文です

コーチ候補のOB敬遠 侍ジャパン稲葉新監督にさっそく難題

7/29(土) 12:01配信

日刊ゲンダイDIGITAL

 侍ジャパンの次期監督に内定していた稲葉篤紀前日本代表打撃コーチ(44=元日本ハム)の就任が正式決定。31日に東京都内で記者会見が開かれることになった。

 今回の侍ジャパンを率いる指揮官は、2020年東京五輪の野球日本代表監督も兼ねる。野球は3大会ぶりの五輪復帰でしかも、地元開催。金メダルが至上命令とされる中、プロ球団で選手兼任コーチ以外の指導者経験がない稲葉氏の就任に、球界では首をかしげる向きも多い。加えて、指揮官を支えるコーチ陣の人選もまだ不透明だという。

「そもそも、侍ジャパンの首脳陣は報酬が高くない。特にコーチ陣はWBC本大会の出場手当は別として、強化試合などで代表が招集された期間のみ日当が出て、それも1日5万円程度だといわれている。それで、負ければ袋叩きに遭うわけだから、“責任の重さと実入りのバランスが悪すぎる”と、侍ジャパンを敬遠するOBが多いからね。44歳の稲葉が監督になって、その脇を固めるコーチ陣も若手・中堅OBが中心になるのだろうが、そういう若い連中の中には当然、球団のコーチ、監督の予備軍も多い。3年後の東京五輪まで侍ジャパンに“身柄拘束”されるのは勘弁、となるのが普通。思い通りの組閣ができるかは微妙だよ」(球界OB)

 現時点でコーチ候補として名前が出ているのは、稲葉監督の現役時代の同僚で日本ハム現職コーチの金子誠打撃コーチ(41)のみ。稲葉ジャパン、すんなり船出しそうにない。

スポーツナビ 野球情報