ここから本文です

【Krush】パンチが格段に進化「パンチで倒せる野杁正明を見せたい」

7/29(土) 15:09配信

イーファイト

 8月20日(日)愛知・名古屋国際会議場イベントホールにて開催の『Krush.79 ~in NAGOYA~』で、ディエゴ・フレイタス(ポルトガル)と戦うK-1 WORLD GPスーパー・ライト級王者の野杁正明(K-1ジムEBISU小比類巻道場/NDC -66kg世界王者)が、7月28日(金)都内所属ジムで公開練習を行った。
 
 シャドー後のミット打ちでは、スピードとパワーのあるパンチを披露。ジャブ、ストレート、フック、全てのパンチに破壊力があった。

【フォト】鋭角なヒザ蹴りを見せる野杁

 現在のコンディションは「いつも通り順調に調整出来ています。6月のゲーオ戦の3日後くらいから走っていました。その時点ではヒジとスネが痛かったですが、出来る範囲の練習をしていました」とゲーオ戦が終わってすぐに次の戦いの準備をしていたとの事。
 
 絶対王者だったゲーオ・ウィラサクレックに勝ち、王者になった野杁は「親戚や両親は『試合の映像を観てるだけで泣けてくる』と言ってくれる。自分のために頑張って獲ったベルトだけど、そうやって周りの方々が喜んでくれるので本当に獲って良かった」と改めて喜びを語った。 

 しかし「あの試合の後、応援してくれている方々には『よかったね。ここからがスタートだからね』と言われる事が多い。ベルトを獲って満足ではなく、これからが大事な格闘技人生になるんだな、と実感しています」と話し、すでに気持ちは未来に向いている。
 
 対戦相手のフレイタスについては「気を付けなければいけない技は無い選手ですけど、そういう選手だからこそ警戒しなければいけない。過去、マサロ・グランダーにヒザでカットされて負けた時も同じような事を言っていたと思うので警戒はしています。未知の強豪選手として捉えています」と評し、マサロに負けた教訓を生かしているようだ。

 現在の練習は「今まで蹴りの印象が強かったと思いますがパンチを強化しています。さっきミットを持ってくれていた方(=カレロ・エルナンデス・バロディア氏。アマチュアボクシングの元キューバフライ級王者)に教えて貰っている。最近は、パンチ力やスピードなどが格段に良くなったと褒められた」と話し、「今回は蹴りだけではなく、パンチで倒せる野杁正明を見せたい」と意気込む。 

 今回、勝利した後の展望については「65kgは強い選手がいっぱいいるので、どんどん強豪をぶつけて来て欲しい。『この選手と戦ったら野杁負けちゃうんじゃないの』とみんなが思うくらいの選手と戦いたい。そういう選手に勝ってこそ絶対王者として認められる。K-1のベルトもフランスで獲ったベルト(NDC -66kg世界王者)も防衛する事が目標」とコメントした。

最終更新:7/30(日) 8:41
イーファイト