ここから本文です

ジュビロ磐田が6連勝を達成…鹿島は首位に迫る勝ち点3/J1リーグ第19節

7/29(土) 21:55配信

GOAL

明治安田生命J1リーグ第19節が7月29日、6試合行われた。鹿島アントラーズが快勝で首位との勝ち点差を1に縮め、ジュビロ磐田は大量得点で勝利を収め、連勝を6に伸ばした。

北海道コンサドーレ札幌は浦和レッズと対戦。32分、CKからFW都倉賢が先制ゴールを挙げると、浦和は39分にDF槙野智章がレッドカードで退場。さらに負傷者も出して2人を欠く戦いとなり、札幌が88分に追加点を挙げて勝負あり。2-0で札幌が勝利を収めた。

鹿島はFW金崎夢生、FW鈴木優磨、MF安部裕葵と、点を取るべき選手がしっかりゴールを決めて3-0で快勝。敗れたヴァンフォーレ甲府は6試合連続の無得点。

5連勝中の磐田は攻撃陣が爆発。MF川辺駿の2ゴールなどで5点を奪う猛攻を見せ、川崎フロンターレに2得点を許すも、5-2で快勝。磐田は6連勝で、川崎Fは6試合ぶりの黒星。

横浜F・マリノスは清水エスパルスと対戦し、リードを奪っては追いつかれる展開に。MF齋藤学のPK失敗などもあって最終的には2-2のドローに終わった。横浜FMは勝ち切れなかったものの、これで9試合負けなし。

ガンバ大阪とセレッソ大阪の「大阪ダービー」は、FW杉本健勇の4試合連続ゴールでC大阪が51分に先制。しかしFWファン・ウィジョ、DF三浦弦太、FWアデミウソンがゴールを挙げ、G大阪が3-1で逆転勝利を収めた。C大阪は10試合ぶりの黒星で、連勝も4でストップ。

ヴィッセル神戸は新加入のFWルーカス・ポドルスキが2ゴールを挙げる活躍で大宮アルディージャを圧倒。3-1で勝利を収めた。

試合結果は以下の通り。残りの3試合は30日に行われる。

明治安田生命J1リーグ第19節

7月29日

北海道コンサドーレ札幌 2-0 浦和レッズ

鹿島アントラーズ 3-0 ヴァンフォーレ甲府

川崎フロンターレ 2-5 ジュビロ磐田

横浜F・マリノス 2-2 清水エスパルス

ガンバ大阪 3-1 セレッソ大阪

ヴィッセル神戸 3-1 大宮アルディージャ

7月30日

ベガルタ仙台 vs 柏レイソル

サンフレッチェ広島 vs サガン鳥栖

FC東京 vs アルビレックス新潟

GOAL

最終更新:7/29(土) 21:56
GOAL