ここから本文です

【西東京】早実2年生エース・雪山、3戦連続完投…5月末に捕手から転向の170センチ右腕

7/29(土) 5:32配信

スポーツ報知

◆全国高校野球選手権西東京大会 ▽決勝 早実4―1八王子学園八王子(28日・神宮)

 今秋ドラフト目玉の早実・清宮幸太郎一塁手(3年)が、高校通算最多とされる107本塁打(神港学園・山本大貴)に並び、2年ぶりの夏の甲子園出場に王手をかけた。

 早実の2年生エース・雪山幹太が2安打1失点の3試合連続完投で決勝進出に導いた。5月末に捕手から転向した170センチ右腕は、初戦から全5試合で先発。3回に暴投で1点を献上し、7四死球を与えたが、要所で決定打を許さず。「こんな連戦で投げ込んだことはない。清宮さんの本塁打で勇気づけられた。苦しい投球だったけど、気持ちで押した」と胸を張った。

最終更新:7/29(土) 8:05
スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報