ここから本文です

「タイタニック」から20年 レオナルド・ディカプリオらキャスト再集合写真に歓喜の声

7/29(土) 20:42配信

ねとらぼ

 映画「タイタニック」公開から20年、主人公ジャックの恋敵役を演じた米俳優のビリー・ゼインが、ローズ役のケイト・ウィンスレットとジャック役のレオナルド・ディカプリオの3人と再集合した写真をSNSに投稿しました。

【レニー・クラヴィッツとディカプリオ】

 作中で三角関係だった3人のキャストが集まったのは、7月26日にフランスのサントロペでディカプリオの環境保護財団が催した「Leonardo DiCaprio Foundation Gala 2017」。ウィンスレットを中心に身を寄せ合う3人からは仲の良さがうかがいしれるようです。ゼインは写真に「ギャングが再集合。今度は、氷山を救うんだよ」と環境保護とタイタニックのストーリーを絡めたコメントを添えており、ファンたちからは「タイタニックは私のベストムービー。何回も、何回も見た」「この写真がどんなに私を幸せにしてくれるか、言葉にできない」と歓喜の声が寄せられました。

 特に普段から仲の良いことで知られているディカプリオとウィンスレット。今年のガラでは「タイタニック」20周年を記念し、2人と食事をする権利もオークションにかけられました。落札者はニューヨークの好きなレストランを選ぶことができ、2017年の10月か11月に実行されるというジャックとローズのファンにとってはたまらないもの。

 また、その他の参加者もトム・ハンクス、ユマ・サーマン、ケイト・ハドソン、エマ・ストーン、ケイト・ブランシェットなど豪華メンバーで彩られていました。パフォーマンスをした米ミュージシャンのレニー・クラヴィッツはディカプリオとのモノクロ2ショットを投稿。米ミュージシャンのマドンナもパフォーマンス中のクラヴィッツとディカプリオとの3ショット写真、自身のパフォーマンス中の動画やディカプリオとの2ショット写真も投稿し、「彼がボスよ!! レオ、母なる地球のためあなたがしてくれてること、全てにありがとう」とディカプリオの活動をたたえています。

最終更新:7/29(土) 20:42
ねとらぼ