ここから本文です

三浦隆司がツイッターで引退表明「最高のボクシング人生でした」

7/29(土) 0:29配信

スポーツ報知

 プロボクシングWBC世界スーパーフェザー級王座奪回に失敗した三浦隆司(33)=帝拳=が28日、自身のツイッターを更新、現役引退を表明した。

 三浦は「色々考えましたが引退する事にしました。後悔ありません。小さい頃からの夢を叶えることが出来たし想像もしてなかったアメリカのリングに立てて最高のボクシング人生でした。ありがとうございました。」とツイートした。

 16日にミゲル・ベルチェルト(25)=メキシコ=に3―0で判定負けし、17日の帰国時には「1週間以内に結論を出します」と明言していた。

 ◆三浦 隆司(みうら・たかし)1984年5月14日、秋田・三種町生まれ。33歳。中学3年でボクシングを始め、金足農高3年で国体優勝。03年にプロデビュー、09年に日本スーパーフェザー級王座奪取。11年にWBA世界同級王者・内山高志(ワタナベ)に挑み、TKO負け。13年4月にWBC同級王座を奪取。15年11月のV5戦で王座から陥落。身長169センチの左ファイター。家族は彩美夫人(32)と、長男・武元君(6)、長女・莉禾(りんか)ちゃん(2)。

最終更新:7/29(土) 0:30
スポーツ報知