ここから本文です

“不倫疑惑”今井絵理子議員高笑い!? 蓮舫&稲田W辞任で矛先それた!!

7/29(土) 16:45配信

東スポWeb

 略奪不倫疑惑が報じられた「SPEED」元メンバーの今井絵理子参院議員(33)が、なぜか高笑いだ。妻子持ちの橋本健神戸市議(37)とは「一線を越えていない」と弁明するも、それを信じる人は皆無。政務活動費の不倫利用もウワサされ、野党は格好の攻撃材料を手にしたはずだが、なにせ民進党は蓮舫氏(49)が代表を辞任するなどガタガタ…。追及する気力も残っていないという――。

 発売中の「週刊新潮」で略奪不倫疑惑を報じられた今井氏は、妻子持ちの橋本氏に好意を持っていることは認めつつも「一線は越えていません」と肉体関係を完全否定した。

 同誌では新幹線内での手つなぎ現場や、ホテルでのあられもないパジャマ姿を激写されているが、それでも「政治家として先輩後輩の間柄」というのだから、開いた口がふさがらない。

 同様のスキャンダルでいえば昨年、妻の育児休暇中にグラドル女性との情事がバレた自民党の宮崎謙介氏(36)は議員辞職。今年4月に週刊誌で重婚疑惑が報じられた中川俊直議員(47)は自民党を離党し、29日に地元広島県で謝罪会見を行う。

「今井氏は略奪不倫を否定しているが、誰がどう見たってクロ。そもそも新幹線車内で手つなぎ写真を撮られるなんて、脇が甘すぎる。これまでの前例に照らせば、議員辞職、最低でも離党は免れない」とは永田町関係者。

 さらに今井氏をめぐっては「ヤッたヤラない」のゲスな話のほかに「政治とカネ」の問題もささやかれている。政界関係者の話。

「政務活動費の不倫利用だ。新潮が報じたのは7月14~16日の3日間で、その時に利用したホテル宿泊費は『自腹』と今井氏側は説明しているが、過去にさかのぼると怪しい金の流れが散見されるという。新幹線のグリーン車代金も政務目的の場合はタダだが、本当にその日に後援会行事などの政務があったか疑わしい部分もあるとウワサされている」

 こうした政治とカネの問題は付きもの。野党はいまごろ必死になって調べているかと思いきや…。

 ある野党議員秘書がタメ息交じりに語る。

「最大野党である民進党が、蓮舫代表の電撃辞任などでガタガタ。追及するなら、PKOの日報問題などで防衛大臣を辞任した稲田朋美の方が先。今井氏まで手が回らないし、追及する気力も残っていない」

 さらに防衛省の混乱を狙ったのか、北朝鮮が28日午後11時42分に弾道ミサイルを発射し、日本の排他的経済水域に着水した。安倍晋三首相(62)は深夜に国家安全保障会議関係閣僚会合の開催を余儀なくされた。

 今井氏にしてみれば、一連のドタバタは、まさに神風が吹いた形。スキャンダルが報じられても橋本氏への好意は変わらず「カレと再婚することが自らに課せられたケジメと思い込んでいるフシがある」(同)というから、もはや手がつけられない。気分はまさに「Go!Go!Heaven」か…。

 唯一の不安があるとすれば、橋本氏の妻の存在だ。夫妻は現在離婚調停中だが、今回の疑惑で妻が態度を硬化。離婚に難色を示すばかりか、今井氏に慰謝料を求める裁判を起こす可能性があることは本紙昨報通りだ。

「今井氏が出した声明文や釈明コメントに奥さんや2人の子供に対する謝罪の言葉は1つもなかった。これに奥さん側が激怒しているという情報もある。おそらく橋本氏の入れ知恵で、週刊誌に情報をリークしたのは奥さんだと聞かされているのだろう」(前出政界関係者)

 野党からの追及が緩ければ、敵は橋本氏の妻1人!? 今井氏はこのまま逃げ切ってしまうのか――。

最終更新:7/29(土) 16:45
東スポWeb