ここから本文です

次代の理系人材育成 三島で夏合宿、第一線の講師陣が授業

7/29(土) 8:50配信

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS

 理科系分野の第一線の講師陣が全国から集まり中学2年生に授業を行う夏合宿「創造性の育成塾」(NPO法人ネットジャーナリスト協会主催)の開講式が28日、三島市の東レ総合研修センターで始まった。

 世界に通用する理数系人材の育成を目的に毎年開催。今年はノーベル物理学賞を受賞した高エネルギー加速器研究機構特別栄誉教授の小林誠さんや宇宙飛行士の大西卓哉さんら11人を招き、8日間で講義や実験などを実施する。また、初めて同塾のOBやOGも講話する。

 開講式で、塾長を務める同協会の有馬朗人会長は「各分野の専門家と交流して、幅広い分野に興味を持ってもらいたい」とあいさつした。続いて自ら講義も行った。

 論文などの選考試験を通過した14都府県の40人のほか、中国やマレーシアなどアジア4カ国の高校生も参加する。加藤学園暁秀中2年の生徒(14)は「めったにない機会。物理があまり得意ではないので、しっかり学びたい」と話した。

静岡新聞社