ここから本文です

海老蔵 乳がん撲滅へ“麻央基金”作りたい「麻央の思いとしてできれば」

7/29(土) 14:47配信

デイリースポーツ

 歌舞伎俳優の市川海老蔵(39)が29日、長野県志賀高原で行われた植樹プロジェクト「ABMORI 2017」に、長女・麗禾(れいか)ちゃん(6)、長男・勸玄君(4)と共に参加。開会式後には報道陣の取材に応じ、6月22日に死去した妻でフリーアナウンサーの小林麻央さん(享年34)の意思を継ぎ、乳がん患者を救うための基金を設立したいという思いを明かした。

【写真】昨年の「ABMORI」での海老蔵と勸玄くん 麻央さんのがん公表後初めて報道陣に囲まれた

 「ABMORI」は2014年、麻央さんが日本テレビ系「NEWS ZERO」のキャスター時代に取材した横浜国立大学名誉教授の宮脇昭氏の協力を受けてスタート。4回目を迎えたこの日、海老蔵は「麻央がつなげてくれたご縁で始まって、ここまで来た」と強調した。

 その上で「彼女のやりたかったことや、やってほしかったことは、私は全部聞いているので、着々とやっていこうかなと」と、今後も麻央さんの思いを引き継いで人生を送っていく思いを吐露。

 「彼女自身は自分が元気になったら、同じような病気と闘っている人の力になりたいという思いがあった。今は試行錯誤している段階で、『ピンクリボン』じゃないですけど、そういうものが麻央の思いとしてできれば」と、将来的な基金設立への思いを明かし、具体的な道筋を「まだ考え中ですけど、いいなと思います。どういう形がいいかは難しいので、いろんな人に話を聞いて」と説明した。

 「ピンクリボン運動」は、乳がん死を減少させることを目的とし、検診の早期受診推進などを啓発する世界的なキャンペーン。

Yahoo!ニュースからのお知らせ