ここから本文です

【F1】フリー走行2回目、1回目に続きリチャルドがファステスト

7/29(土) 14:16配信

ISM

 ハンガリーGPフリー走行2回目で、1回目に続きダニエル・リチャルドがトップに立った。2位にセバスチャン・ヴェッテル、3位にヴァルテッリ・ボタスが入った。

 リチャルドはスーパーソフトタイヤで1分18秒455を記録。フリー走行1回目でマークした自らのトップタイムをコンマ3秒上回ったものの、ハンガロリンクのラップレコードにはわずかに及ばなかった。

 ヴェッテルが0.183秒差で2位に続き、ボタスが3位、キミ・ライコネンが4位となった。

 ルイス・ハミルトンはソフトタイヤでのタイムが自己ベストとなり、5位。スーパーソフトでタイムを更新できなかった理由は定かではない。

 マックス・フェルスタッペンは、ライコネンがクルマを止めたことで出されたイエローフラッグに阻まれ、6位に終わった。

 ニコ・ヒュルケンベルグが7位、フェルナンド・アロンソが8位、カルロス・サインツ・ジュニアが9位、ストッフェル・ファンドーネが10位となった。

 フォースインディアのエステバン・オコンとセルジオ・ペレスが11位と12位に続き、ダニール・クビアトがウィリアムズのランス・ストロールとフェリペ・マッサを抑えて13位に入っている。

 16位のジョリオン・パーマーは最終コーナーでクルマのコントロールを失い、壁に激突している。

 ハースのケビン・マグヌッセンとロマン・グロージャンが17位と18位で続き、マーカス・エリクソンが19位、パスカル・ウェーレインが20位となった。ウェーレインはターン11でクラッシュを喫し、レッドフラッグの原因を作った。(情報提供:GP Update)

最終更新:7/29(土) 14:16
ISM