ここから本文です

森口博子 恩師・平尾昌晃さんに感謝「先生と出会っていなかったら…」

7/29(土) 20:24配信

デイリースポーツ

 肺炎のため今月21日に死去した作曲家・平尾昌晃さん(享年79)の通夜が29日、都内の斎場で密葬として営まれ、2013年春に再々婚したチーフマネジャーの妻ら家族をはじめ、歌手の五木ひろし(69)、布施明(69)、小柳ルミ子(65)、森口博子(49)、俳優・水谷豊(65)ら約70人が参列。別れを惜しんだ。

【写真】恩師との思い出を語る五木ひろし

 平尾氏が芸名の名付け親だった森口は、参列後に取材に応じ、生前の平尾氏と「作詞して持ってきなさい。それに僕が作曲するから。その曲を歌いなさい」と言われ、詞の提出を約束していたことを明かした。結局、森口が作詞することなく永遠の別れを迎えてしまったという。

 森口は、平尾氏が主宰する音楽スクールに通い、デビューを果たした。「大切な恩師。先生と出会っていなかったら、スクールに通っていなかったら、(デビューは)わからなかった」。その後も芸名「森口博子」の名付け親となるなど親交が続いた。

 アイドル歌手でデビューしたものの芽が出ず、“バラドル”としてバラエティーで花開いた。平尾さんは「何でもやりなさい。いつかチャンスが来るから」といつも励ましてくれたという。

 平尾さんと最後に会ったのは、今年5月。NHKのラジオ番組の収録で、先に収録を終えた平尾さんと入れ替わりにスタジオ入りした。元気そうだっただけに、突然の死には驚いたという。

 この日は遺影に向かって手を合わせ、静かに「ありがとうございました」と感謝した。