ここから本文です

巨人菅野がリーグ単独トップの11勝目 連続無失点回は「28」でストップ

7/29(土) 21:04配信

デイリースポーツ

 「巨人5-1DeNA」(29日、東京ドーム)

 巨人・菅野がリーグ単独トップの11勝目(4敗)を挙げた。

 今季4度目の完封が視界に入った5-0の八回、1死一、三塁から自身の暴投で失点し、連続無失点イニングは「28」で止まったが、8回7安打1失点でチームを連勝に導いた。

 頼れるエースは「前回も対戦した相手なので対策を取ってくると思って慎重に入りました。(失点は)ちょっともったいなかったですけど、いいピッチングだったと思います」と振り返った。

 打線は初回2死一、二塁から村田、亀井、長野の3連続長短打で4点を先制。三回には阿部が6月18日以来となる11号ソロで加点した。

 初回先制適時打の村田は「夏休みでお子さんたちがたくさん来ている中で先制タイムリーが打てて良かった。チームの勝利に貢献できるように明日からも頑張りたい」とコメントした。

 DeNAは先発・井納が立ち上がりを捉えられ、6回5失点と誤算。