ここから本文です

DeNA井納、初回の失点悔やむ 「初回がすべて。自分のリズムができなかった」

7/29(土) 22:17配信

デイリースポーツ

 「巨人5-1DeNA」(29日、東京ドーム)

 相性の良い相手エースとの投げ合いも、DeNA・井納が初回に猛攻を受けて沈んだ。

 初回2死一、二塁から村田に右中間を破られる適時二塁打を浴びて先制点を献上。続く亀井の一塁手を強襲する当たりでは、井納が一塁ベースカバーを怠り適時内野安打としてしまった。

 さらに一、三塁の危機に長野には右中間への2点三塁打を打たれ、いきなり初回に計4失点。前日には「先頭打者を抑えることでリズムに乗りたい」と意気込んでいたが、立ち上がりの制球が甘くなり「初回がすべて。先頭打者を抑えながら、自分のリズムを作ることができなかった」と猛省だった。

 三回には阿部にソロを被弾し、6回5失点で今季5敗目。巨人・菅野との投げ合いは過去3戦3勝と抜群の相性を誇っていたが、初黒星となった。好投手相手の序盤の失点が響きラミレス監督も「あの展開になると攻撃も厳しくなる」とした。

 4位・巨人を突き放したい一戦での乱調に、井納自身も「初回にあんなふうになってしまい情けない。何をしなければいけないかを考えて、やっていきたい」と、最後まで反省の弁が並んだ。

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9/22(金) 12:30