ここから本文です

ポドルスキ「キャプテン翼」スパイクが話題 左足には日向 右には翼

7/29(土) 22:22配信

デイリースポーツ

 「明治安田生命J1、神戸3-1大宮」(29日、ノエビアスタジアム神戸)

 今夏に神戸に加入した元ドイツ代表のFWルーカス・ポドルスキ(32)がリーグ戦初出場を果たし、2得点で勝利に貢献した。ネット上ではそのプレーぶりと並んで、前半に着用していたスパイクに注目が集まった。世界的人気を誇るサッカー漫画「キャプテン翼」の主人公・大空翼が右足に、そのライバルの日向小次郎が左足に描かれていた。

【写真】「ポルディ」帽子は自作!ボドルスキ、ファッションへのこだわり

 ポドルスキは、「タイガーショット」と呼ばれる強烈な必殺シュートを武器にする日向と自身のプレースタイルを重ね合わせ、日向が描かれたすね当てを着用していることがサッカーファンの間では知られていた。今回、デビュー戦のために翼&日向があしらわれたスパイクにファンからは「キャプ翼スパイク良いなー」、「利き足から放たれる強烈な一発はタイガーショットって事かい?」など多くの反響が寄せられた。後半には別のスパイクに履き替えたが、鮮烈な印象を与えたようだ。

 ポドルスキは前半こそ守備を重視する大宮の戦術に手を焼いていたが、後半4分、エリア手前から左足ミドルシュートをゴール右隅に突き刺し、J初得点をマークした。さらに同17分には右サイドの大森が上げたクロスに、マーク2人の上からヘディングを合わせてゴール左下に流し込み、1試合2得点の鮮烈デビューを果たした。試合後は「最初の試合で2点もとって3-1で勝ったのは言葉にできないぐらいうれしいです」と、喜びをサポーターと分かち合っていた。

スポーツナビ サッカー情報

Yahoo!ニュースからのお知らせ