ここから本文です

【小倉サマージャンプ】マーチS覇者ソロルが鼻差差し切り 平地&障害のダブル重賞制覇達成

7/29(土) 14:42配信

スポーツ報知

 29日の小倉8R、小倉サマージャンプ・JG3(直線芝3390メートル=14頭立て)は、6番人気のソロル(牡7歳、栗東・中竹和也厩舎)がゴール前で1番人気のアップトゥデイトを鼻差で差し切った。同馬は2014年マーチS・G3を勝っており、平地と重賞のダブル重賞制覇となった。勝ち時計は3分42秒7。

 道中は好位直後でジッと脚をため、折り合った状態での追走。直線手前からジワッと進出を開始すると、直線ではひと追いごとに脚を伸ばし、最後はこのレース2勝目を狙ったアップトゥデイトをかわした。

 「鼻差負けたかなと思ったけど、こちらの方が勢いがあったので、届いてくれてよかったです。コース適性はあると思っていました。コースロスなく乗ろうと思っていましたが、馬もよく我慢してくれました」と6年連続の重賞制覇となった西谷騎手はホッとした表情。中竹調教師は「誠(西谷)の好騎乗。正直、絶好調ではなかったけど、あの馬のリズムだけを守って、我慢して我慢して、乗ってくれた」と鞍上に最大級の賛辞を送っていた。次走は未定だが、年末の中山大障害・JG1(12月23日、中山)を目標にしたローテーションが組まれる。

最終更新:7/29(土) 14:42
スポーツ報知

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ