ここから本文です

日本最古! 隅田川花火大会の豆知識と気になる天気は?

7/29(土) 8:11配信

ウェザーニュース

 本日29日(土)は、隅田川花火大会が開催! 約20,000発の花火が夜空を彩ります。隅田川花火大会をもっと楽しめる豆知識と、気になる今夜の天気を解説します。

【そのはじまりは江戸時代】
 はじまりは大飢饉や疫病で多くの死者が出た江戸時代中期。慰霊の祈りをこめて、享保18年(1733年)の両国川開きの日に水神祭を実施。そこで花火を打ち上げたのが由来とされ、歴史的記録の残るものは両国の花火が最古となっています。

 花火大会は戦争等によりたびたび中断、1961年を最後に終了しました。しかし、多くの関係者の努力により、1978年に「隅田川花火大会」として復活。今日まで江戸の伝統を発展させてきました。

【その人気ぶりたるや!】
 昨年の人出を調べると、約96万人も来場! これは、和歌山県民(約97万人)とほぼ同じ人数です。過去の花火調査で、「花火大会で困ること」で第1位だったのが「混雑」(46%)となったのも納得。

 早めの場所取り&帰りも早めに撤収するなど、タイミングを見計らうことが重要そうですね。(人口:2016年4月1日時点)

【さて、気になる天気は?】
 観賞は墨田区側がお勧め、天気の急変にはご用心

 当日は湿った東風が入りやすいため、曇り空を背景にした花火鑑賞となりそうです。上空は東風もしくは南東の風が予想されます。「スカイツリーを背景に大輪の花火を見たい!」…ところではありますが、煙が西に流されやすいことを考えると、墨田区側から見た方が煙に邪魔されずに楽しめそうです。

 開催前の昼間は日差しがあって、気温が30℃を超えるため、花火大会の時間も熱気が残ってムシムシとした体感です。人混みで歩き回って熱中症にならないように、うちわや保冷剤などヒンヤリグッズを用意しておくと良さそうです。また、昼間の暑さがカギとなって、夕方からにわか雨の可能性があります。天気の急変には要注意です。

ウェザーニュース