ここから本文です

【台風9号】本島と先島諸島、沖縄でも対照的な空

7/29(土) 15:36配信

ウェザーニュース

 29日(土)正午現在、強い勢力の台風9号は先島諸島の南の海上を北北西に進んでいます。台風に近い先島諸島は外側の活発な雨雲が時々通過し、強い雨が降っています。風も強く、最大瞬間風速は与那国島で27.0m/s、石垣島で23.9m/sを観測しました。

 今日昼頃、石垣島からは「雨風凄い状態です」とのコメントとともに、雨で視界が悪化している様子が届きました。

 一方で同じ沖縄でも台風から離れている本島は、夏空が広がっています。雨雲はほとんどかからず強い日差しが照りつけ、那覇の気温は33.9℃まで上昇。最大瞬間風速は11.6m/sでやや強い程度。
 
 ただし波は高めで、北谷町からは「北谷町内サンセット・アラハ2ヶ所のビーチは「遊泳注意」のイエローフラッグで営業しています」との報告が届いています。

◆先島諸島は夜にかけて荒天に警戒、本島も高波に注意
 台風に近く荒天となっている先島諸島では、この後も風雨の強い状態が続き、特に与那国島では夜にかけて警戒が必要です。

 また、晴れて暑さが厳しい沖縄本島エリアも波の高い状態は当面、続きますので、海のレジャーは十分注意の上、決して無理はしないようにしてください。

ウェザーニュース