ここから本文です

ドジャース、ダルビッシュのトレード交換要員に若手超有望株を出す意思なし…米・敏腕記者明かす 

7/29(土) 17:30配信

スポーツ報知

 ドジャースがレンジャーズ・ダルビッシュ有投手(30)のトレードの交換要員として、若手の超有望株を放出しない可能性を米メディアが示唆した。米スポーツサイト「ファンラグ・スポーツ」の敏腕記者、ジョン・ヘイマン氏が報じている。

 これまでドジャースはダルビッシュの有力なトレード先に挙がり、レ軍の“狙い”は21歳のベルドゥーゴ外野手と米メディアに指摘されてきた。だが、ヘイマン氏は「最近、ザイディGMは『ベルドゥーゴは放出しない』と話していた。若手有望株のウォーカー・ビューラー投手については何も言われていないが、彼も同じだ」と報じた。

 WBCメキシコ代表のベルドゥーゴはド軍傘下3Aオクラホマシティーで89試合出場、打率3割2分8厘、4本塁打、51打点。先発右腕のビューラーは傘下3Aで0勝1敗、防御率9・00だが、共にド軍の超有望株と期待されている。

 昨季ナ・リーグ新人王のC・シーガー内野手、C・ベリンジャー内野手ら若手が次々と台頭するドジャースは有望株の宝庫。他にも21歳のY・アルバレス投手、22歳のW・カルフーン内野手らがいる。それでも、世界一へは「ダルビッシュ獲得」が最優先事項となっており、31日のトレード期限までレ軍との“綱引き合戦”となりそうだ。

最終更新:7/29(土) 19:48
スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報