ここから本文です

7か月ぶりスケート披露の浅田真央さん「今はすっきりしています。感謝の気持ちを滑りで表現したい」

7/29(土) 18:42配信

スポーツ報知

 4月に引退を表明した女子フィギュアスケートの浅田真央さん(26)が29日、大阪市中央体育館で初日を迎えたアイスショー「THE ICE」で7か月ぶりに公の場で滑りを披露した。真央さんはこの日放送されたフジテレビ系「THE ICE 2017」(後4時)のインタビューに登場、仲間やファンへの感謝の思いを明かした。

 真央さんの代名詞でもあるトリプルアクセルを女子で初めて飛んだ、伊藤みどりさん(47)のインタビューに答えた真央さん。4月の引退表明は、「精いっぱい頑張ったつもりでしたが、(15年5月に)一度復帰して、現実をその場で感じるのと外から見るのでは全然違いました。大変でしたが、今こうして次のスタートに向けて進んでいるので、今はすっきりしています」と告白。8月6日の「THE ICE」最終公演が終わってからが「本当の新たなスタートだと思っています。ちょっとゆっくりして、しっかり自分のやりたいことだったり、何をしていかないかいけないか改めて考えて、また進んでいきたい」と語った。

 「THE ICE」は選手として毎年必ず出ていたショーだが、今年は真央さんの引退色の強い内容となった。宇野昌磨、宮原知子の現役スケーターに加え、高橋大輔さん、織田信成さん、小塚崇彦さん、鈴木明子さん、村上佳菜子さんら豪華なメンバーが集結。真央さんの現役時代のプログラムを演じる「真央メドレーコーナー」に会場は大盛り上がりを見せた。「こうしてスケーターが真央の思い出の曲を滑ってくれて、私もうれしいしみんなに感謝しています」と笑顔。「緊張してしまってボロボロでしたが、お客さんも多く集まっていただき、すごくうれしい。THE ICEでは精いっぱい感謝の気持ちを滑りで表現したいので、みなさんに届いたらうれしいです」と感想を語った。

最終更新:7/29(土) 18:42
スポーツ報知