ここから本文です

宇野昌磨、フリーで4回転4種類5本の超攻撃的プログラム挑戦へ…「最初に4回転ルッツをやれたら」

7/30(日) 7:04配信

スポーツ報知

 男子フィギュアスケート世界選手権銀メダルの宇野昌磨(19)=トヨタ自動車=が29日、平昌五輪シーズンの今季フリーでルッツを含む4回転4種類5本の超攻撃的プログラムを視野に入れていると明かした。しかも、基礎点が1・1倍になる後半に3本を組み込む。

 浅田真央さん(26)が座長を務めるアイスショー「THE ICE」(大阪市中央体育館)で「トゥーランドット」を披露。フリップとトウループ2本の3本を後半に跳び着氷した。「最初に4回転ルッツをやれたらいいと思う」。今後、ルッツの精度を上げていく。基礎点が13・6点と最難関のルッツを習得すれば、フリップ(12・3点)、ループ(12・0点)と、難度の高い4回転ジャンプが3つそろう。「断言はできない。あわよくばという感じ」。昨シーズン途中に新たにループを投入した伸び盛りの19歳は、挑戦をやめない。(高木 恵)

最終更新:7/30(日) 7:04
スポーツ報知