ここから本文です

投資や資産形成の第一歩をiDeCoで始めるメリットとは

7/29(土) 16:20配信

投信1

まさに夏真っ盛り。8月に入れば夏休みでまとまったお休みが取れるという方も多いでしょう。帰省や旅行を楽しむ方、家でゆっくり過ごす方など様々かと思いますが、この機会に「投資を始めてみるかどうか」を考える方もいらっしゃるのではないでしょうか。

投資と一口に言っても株や投資信託、FX、金など様々な種類がありますが、投資初心者ならiDeCoから検討してみるのもよいと思います。

個人型確定拠出年金(iDeCo、イデコ)とは

個人型確定拠出年金(iDeCo、イデコ)とは、老後の資産形成のための制度です。2017年1月から対象者が大幅に拡大し、公務員や専業主婦、すでに企業年金に加入している会社員など、従来は対象外だった人も含め、原則20歳以上60歳未満であればほぼすべての人が加入できるようになりました。ざっくりした仕組みは次のようなものです。

 ・拠出する:加入者がiDeCo口座を開設し、自分で決めた掛け金を毎月拠出する(掛け金は毎月5,000円から1,000円単位で決定。上限は自営業者、会社員、公務員など職業によって異なる)
 ・運用する:拠出したお金は、金融機関が提供する商品ラインナップの中から投資信託や定期預金などを加入者自らが選んで運用する(個別株は購入できない)
 ・給付を受ける: 60歳以降に年金または一時金で受け取る(受け取れる金額は拠出金額や運用成果によって異なる)

投資初心者にもiDeCoがおすすめできる理由

では、iDeCoを投資初心者にもおすすめできるポイントとしてはどのようなものがあるでしょうか。

 節税メリットが大きい

なんといってもiDeCo最大のメリットは、節税効果が高い点です。

iDeCoでは、掛け金は全額所得控除の対象となります。所得税・住民税は、所得から基礎控除や配偶者控除などの各種所得控除の額を差し引いた課税所得から計算されますから、所得控除によって課税所得が少なくなれば、納める税金は少なくなります。つまり、掛け金が全額所得控除の対象であるiDeCoは節税につながり、お得になるのです。

また、通常であれば投資や運用で得た利益(運用益)には20.315%の税金がかかります。銀行に預けていても利息には同じように課税されます。しかし、iDeCoではこの運用益に対しても税金がかかりません。

さらに、60歳以降に受け取るときにも、一時金として受け取る場合には退職所得控除が適用されますし、年金として分割で受け取る場合にも公的年金控除を受けられるという税メリットがあります。

 厳選されたラインナップから運用商品を選ぶことができる

投資すると一口に言ってもたとえば日本株であれば上場している企業は約3,500社ありますし、投資信託なら数千本が存在します。この中から初心者が投資する対象を選ぶのはそう簡単ではありません。ですが、それで悩んでいる方にもiDeCoは心強い味方になるのではないでしょうか。

iDeCoにおいて個別株は購入できませんので、運用商品のメインは元本確保型なら定期預金や保険、元本変動型なら投資信託になります。この商品ラインナップは、各金融機関において投資のプロがiDeCo向きに厳選したものといえます。たとえば楽天証券は投資信託にスコアシステムを導入して定量評価を行っており、同社がiDeCoで提供する投資信託27本はいずれもこのスコアが平均以上のものだといいます。プロが選んだファンドで資産運用を始めることができるのは、初心者の方にはメリットになりそうです。

一方、投資デビューを検討している人なら投資信託には元本割れのリスクがあることはご承知かもしれませんが、もし元本を減らしたくないけれど節税メリットは享受したいということであれば、元本保証型の定期預金を選ぶという方法もあります。

1/2ページ

最終更新:8/4(金) 13:45
投信1