ここから本文です

瑞浪の刺殺、男起訴 責任能力問えると判断

7/29(土) 8:20配信

岐阜新聞Web

 5月に岐阜県瑞浪市の住宅団地でバーベキューをしていた男性会社員が刺殺された事件で、岐阜地検は28日、殺人などの罪で同市陶町大川、容疑者の男(26)を起訴した。
 同地検多治見支部が5月23日から今月24日まで鑑定留置を行い、刑事責任能力を問えると判断した。
 起訴状などによると、5月7日午後6時半ごろ、同市陶町大川の路上で同所の会社員大脇正人さん=当時(32)=の左下腹部を包丁(刃体の長さ約18センチ)で刺し、失血死させるとともに男性(42)=同市=の右腕を包丁で刺し、約1カ月のけがを負わせたとされる。
 県警によると、被告は、大脇さんらが自宅の庭先でバーベキューをしていたところ「うるさい」と言って現れ、犯行に及んだという。逮捕時に「刺したのは事実だが、殺意はない」と容疑を否認している。現在は黙秘しているという。

岐阜新聞社

最終更新:7/29(土) 9:47
岐阜新聞Web