ここから本文です

「僕のコーヒー」 全国発信 焙煎豆好評で都内に出展

7/29(土) 6:02配信

上毛新聞

 発達障害の一つ、アスペルガー症候群と向き合いながらコーヒー豆を販売している岩野響さん(15)=群馬県桐生市小曽根町=が、8月3日に東京都内で始まる企画展に取り上げられる。岩野さんは「コーヒーがつないだ縁で、さまざまな人と出会えてうれしい」と喜んでいる。

 企画展は、常識にとらわれない暮らし方をしている人を47都道府県から1人ずつ紹介する「NIPPONの47人 2017 これからの暮らしかたーOff-Grid Lifeー」。岩野さんを紹介する文章とともに、岩野さんの写真や商品パッケージなどを展示し、コーヒー豆を販売する。

 観光ガイドブックや物販などを手掛ける「D&DEPARTMENT」(東京)が主催する展示会で、主催者側で人選した。岩野さんを群馬代表に選んだのは、高校に進学せずに自分にしかできないことを探してコーヒー店を開き、店が地域に根差しつつあることを評価したという。

 岩野さんは優れた味覚と嗅覚を生かそうと、4月にコーヒー豆販売の「HORIZON LABO(ホライズン・ラボ)」を自宅近くで開いた。営業は毎月1~7日。商品は月替わりの1種類で、グアテマラや東ティモールなどの豆をブレンドして焙煎(ばいせん)する。すでに全国から1500人以上が来店した。

 企画展の会場は、東京都渋谷区の渋谷ヒカリエ8階。会期は10月9日まで。同じ階にある「d47食堂」が8月8日~9月4日、岩野さんの豆を使ったコーヒーを提供する。問い合わせはd47 MUSEUM事務局(03・6427・2301)へ。

最終更新:7/29(土) 6:02
上毛新聞