ここから本文です

幼稚園・保育園に行きたくない!理由と対処法は?

7/29(土) 12:03配信

ベネッセ 教育情報サイト

幼稚園や保育園は、ほとんどのお子さまにとって、保護者のかたと離れて生活する最初の経験となるのではないでしょうか。そのため不安を感じるお子さまが多く、登園の際に大泣きして保護者のかたも毎朝ヘトヘト…そんな悩みを抱えていらっしゃる場合も少なくないと思います。
そこで今回は、お子さまが幼稚園・保育園に行くのをいやがる理由と対処法について、大きく3つのケースに分けて考えてみました。

【1】「保護者のかたと離れたくない場合」→「笑顔で見送り、すぐに姿を消す」

幼稚園・保育園に行くのをいやがる理由の中で、最も多いのが「保護者のかたと離れたくない」という理由です。今までずっと一緒だった保護者のかたと離れなければならない状況に、戸惑いを隠せないのです。
また、忙しくしている保護者のかたの姿を見て、自分は愛されていないような誤解をしてしまうことも。わざと困らせるようなことをして、駄々をこねていることも考えられます。しかし、これも感情表現のひとつです。不安を体現できるようになった成長過程のひとつだと考えましょう。

この場合、対処法としては「笑顔で見送り、すぐに姿を消す」ことを意識しましょう。
「パパやママと離れたくない!」と泣かれると、「行きなさい!」「泣かないの!」と、ついお子さまにイライラしてしまうという場合も。しかし、それでは余計にお子さまはストレスを感じ、言うことを聞いてくれなくなります。
叱るのではなく、笑顔で見送りましょう。「幼稚園の先生や、お友だちが待っているよ」と、行けば楽しいことがあると伝えてあげることがポイントです。
そして、園に着いたり、お迎えのバスに乗せたりしたら、すぐに保護者のかたが姿を消すことも大切です。保護者のかたが心配したり後ろ髪を引かれたりしていると、「もっと泣いたらつれて帰ってくれるかも」とお子さまがどこかで期待してしまいます。先生に預けたら、笑顔で「いってらっしゃい!」と言って、すぐに姿を消しましょう。

【2】「環境の変化にとまどっている場合」→「気持ちに寄り添ってあげる」

お子さまにとって、幼稚園・保育園は初めてふれる社会です。当然、他のお子さまもいる幼稚園・保育園という環境では、自分が特別な存在でいられる家庭とは全く勝手が違います。
例えば、時間や順番を守らないといけないなど、一定のルールの下で生活しなければならないこと、先生が常に自分だけに構ってくれるわけではなかったりすることは、お子さまにとって大きなストレスとなります。こうした自分の思い通りにいかない環境の変化によるストレスが、行きたくない原因になっているケースがあります。

こうしたケースでは、お子さまは決して保護者のかたを困らせたいわけではなく、寂しくて不安だから泣いてしまうのです。そんなとき、「仕事に遅れちゃうじゃない!言うことを聞いて!」「そんなに泣いて恥ずかしい」などと言ってしまうと、お子さまはますます悲しくなってしまいます。
対処法としては、気持ちに寄り添い、共感することが大切です。「ママも離れたくないよ」「ママもお仕事やおうちのことをがんばるから、○○ちゃんもがんばって幼稚園に行ってみよう」「帰ってきたら、一緒に遊ぼうね」など声をかけて、お子さまの気持ちをわかっていることを伝えてあげてください。

1/2ページ