ここから本文です

iOSにあってAndroidにないもの。AndroidにあってiOSにないもの。

7/29(土) 8:10配信

ギズモード・ジャパン

みんな違って、みんないい!

昔はスマホ市場が今とは違っていて、iOSとAndroidの端末は遠くからでも見分けがつくほどでした。今では、大変わかりづらくなってしまい、これら2つの巨大陣営同士がお互いたくさんの機能やアイデアを貸し借りし合っているような状況です。とはいうものの、まだかろうじで両者異なる点は残っています。かろうじでね...。

【画像】iOSにあってAndroidにないもの。AndroidにあってiOSにないもの。

これらの2つのプラットフォームのパクリ合戦の歴史を事細かく紐解いて...なんてことはしませんが、予備知識としてサクッといくつか紹介しておきましょう。

まずiOSは最近、長年手を出してこなかった「戻る」ボタン的な機能を追加しましたよね。Androidのそれとは多少違いはありますが。Siriは、Google(グーグル)の機能の一つであるGoogle Nowが成功した後、同じように提案や予定のアラームをユーザーに送ってくれるようになりました。ただアプリのアクセス許可をちゃんと一つひとつ確認してくれるiOSの手法の方がベターでしたね。だからか、AndroidもOS Mashmallowがリリースされたタイミングで同じ仕様に変えちゃいました。つまりApple(アップル)が音声アシスタントという分野において他を打ち負かしたと言ってもいいでしょう。

と、挙げていけばキリがない。ここからは、iOSにあってAndroidにないもの、AndroidにあってiOSにないものについてのお話です。6つの代表的な相違点についてご紹介です!

1)デフォルトのアプリ(Android)

初代iPhoneが発表されてから10年が経ちまして、それでもなお、ユーザーは未だにリンクをSafari以外のアプリでは開くことができません。メールアプリも、写真アプリもいっしょです。デフォルトの各アプリが端末上で力を握っています。その間にもAndroidの方は、デフォルトのブラウザアプリ、SMSクライアント、そのほか全てのアプリを切り替えることができちゃいます。

現時点で、Appleがサードパーティー製アプリにiOS上で力を与えることはなさそうですが、もちろん、代替アプリを使って少し回り道をするという方法は残されています。たとえば、Google関連アプリ上であれば、Chromeのように同じく他のGoogle関連アプリを立ち上げてくれますよね。

1/3ページ