ここから本文です

10代が毎回欠かさず見ている夏ドラマ 1位は『コード・ブルー』

7/29(土) 8:00配信

AbemaTIMES

 10代の皆と作っていくランキングバラエティ『マジガチランキング』では、10代に聞いた「この夏、毎回欠かさず見ているドラマランキング」が発表された。AbemaTV(アベマTV)では10代の男女663人にアンケートを実施。

  MCを務めるカンニング竹山は、ランキングの1位を予想し、外した場合は視聴者プレゼントを自腹で買い取らなければならない。予想タイムに入るや否や、竹山は「これはもう本当にわかります」と自信たっぷりに「みんなが見ているのは月9です」と断言した。

 竹山の予想通り、堂々の1位に選ばれたのは230ポイントを獲得した『コード・ブルー-ドクターヘリ緊急救命-THE THIRD SEASON』(フジテレビ)。街頭インタビューでは「医療関係の仕事に就きたいので、医療の技術を見ていて憧れる」「主人公が現場にヘリコプターで向かうところがかっこいい」「新しく入ってきた人たちが、どんな感じで成長していくのか気になる」など、様々な角度から指示されていた。

 続く2位は181ポイントを獲得し、『過保護のカホコ』(日本テレビ)がランクイン。こちらは「高畑充希ちゃんが好きで見ています」と出演者を理由に挙げる声が聞かれた他、「こんな大人でも大丈夫なんだと思える」と自分に当てはめて見ている10代女子も。

 3位は123ポイントを獲得した『僕たちがやりました』(関西テレビ)。同番組には「窪田くん(窪田正孝)が高校生を演じているのがいい。普段と演技のギャップがすごい」「勢いに乗っている俳優さんを使っていてすごく面白い」など、主演の窪田正孝をはじめ、役者陣の演技に注目が集まっていた。

 その他ベスト10には、4位に『ウチの夫は仕事ができない』(日本テレビ)、5位に『ごめん、愛してる』(TBS)、6位に『カンナさ~ん!』(TBS)、7位に『愛してたって、秘密はある。』(日本テレビ)、8位に『ハロー張りネズミ』(TBS)、9位に『脳にスマホが埋められた!』(読売テレビ)、10位に『セシルのもくろみ』(フジテレビ)が選ばれた。

(AbemTV/『マジガチランキング』より)

最終更新:7/29(土) 8:00
AbemaTIMES