ここから本文です

西郷どんとツーショット 顔抜きパネル設置 奄美大島龍郷町

7/29(土) 12:04配信

南海日日新聞

 2018年のNHK大河ドラマ「西郷(せご)どん」を盛り上げようと鹿児島県奄美大島の龍郷町企画観光課は28日、町生涯学習センター「りゅうがく館」前に顔抜きパネルを設置した。

 パネルのデザインは町教育委員会臨時職員の加藤美保さん(38)が担当。「子どもたちにかわいいと思ってもらえるように」と、赤尾木(ホーゲ)柄の紬を着た西郷隆盛、左隣には龍郷柄の紬を着た妻の愛加那、右隣には西郷が好きだった犬を描いた。

 パネルの高さは約130センチで、子どもたちだけでも撮影を楽しめそうだ。同課の園田徳一課長補佐は「観光客はもちろんだが、特に地元の子どもたちに西郷どんをもっと知ってもらいたい」と話した。

奄美の南海日日新聞

最終更新:7/29(土) 12:04
南海日日新聞